新幹線のスピード変化

新幹線の開業から現在

新幹線は今から50年ほど前の1964年に開業しました。東海道新幹線が最初の路線となっており、東京オリンピック開催の10月1日に運行を始めます。1959年に路線の工事が始まり、開業までに電気系統や線路などの設備開発も同時に行われます。こうして東京オリンピック開催の年に開業しますが、新幹線の計画は、戦前の弾丸列車計画から始まりました。

東海道新幹線は、東京大阪間を結んでおり、時速210kmで走る新幹線は約4時間で移動可能となっています。在来線だと約6時間30分移動にかかったので2時間30分の短縮です。翌年に最高速度が時速220kmにアップし、移動時間も3時間10分に短縮されます。そして1985年には新型の100系車両が登場します。

さらなるスピードアップを行うために、1988年にプロジェクトチームを結成し、新型の300系車両を開発しました。1992年には最高速度を時速270kmとして、東京新大阪間が、2時間30分で移動可能となります。その後も、700系、改良型のN700系、800系と登場し、N700系を改良したN700A系も登場します。最高速度も、時速320kmまでアップし、宇都宮~盛岡間でこのスピードを出して走っています。まだまだ新幹線のスピードアップは考えられており、今後は実験スピードで時速400km、運用スピードで時速360kmの車両を開発し、新函館から札幌まで路線を延ばし、東京札幌間を4時間30分で結ぶ予定です。


【当サイト関連リンク】
新幹線は遠距離の移動も快適にし、ビジネス出張でも頻繁に利用されていることでしょう。新幹線に乗ることが多い方は、ネットショップでのチケット購入がお得になります ≫ https://www.tickety.jp/sell/tokaidosanyo/tokyo-kyoto/single.php